サプリメントは薬ではないため、副作用の弊害は少ないと考えている人は多いようです。
副作用とは一般的には、薬を使った時に本来の目的以外に起きる人体への別な作用のことです。言葉の上では副作用は、サプリメントは薬ではありませんので無いといえるでしょう。
実際にはサプリメントの弊害が全くないとは言えないようです。吐き気や下痢、頭の痛みなどの弊害がサプリメント摂取で発生したという報告もあるのが、サプリメント大国であるアメリカです。
中での深刻なものの例としては、死者が出たということです。
実は日本でも報告があり、クロレラのサプリメントを摂取したことで皮膚に弊害が起きたそうです。
補助食品であるのがサプリメントの分類ですが、副作用をだからといって軽く考えことはできないものです。過剰摂取を無警戒にすることは避けたほうが良いでしょう。
トラブルがサプリメントによって起きやすいのは、化学物質による過敏症やアレルギーがある人たちです。
本来の方法は状況に応じて摂取するものなので、ただ漫然と取り入れていればいいというものではないのが、ハーブ類です。特に、医師からの薬を服用されていたり、妊娠中や授乳中の人はサプリメントの扱いには慎重になって、弊害を避けてください。







食事だけでは足りないものはサプリに頼りたい